« 身体は覚えているのね…… | トップページ | チョコレートモバイラー »

超高性能版、松下の「せんせい」

あまり注目を浴びていないみたいですけどΣbookが2月20日に発売になるようで、僕としてはわくわくしています。

一番の注目は液晶部分。実際に触っていないけど話によると電源切っても表示される液晶って、あんたせんせいかい!非常に気になります。心ドキドキです。
こういう製品の問題として、やっぱり価格とコンテンツになると思います。著作権保護機能付きSDライタでデータを書き込まなければならないらしいけど、それがちゃんと提供されるかが気になるポイントの一つ。とりあえず個人的に作った文章とかも閲覧できるのかとかそこら辺が自分としては重要。暇なときに青空文庫とか見られたらいいじゃないですか。後は本体の価格ですね。決して高くないけど安くなって欲しいです。1万円まで落ちないとしんどいと思うんですよね。技術的に困難なのは理解しているけど。
しかし、これがあれば長い作品持ち歩けると幸せですね。ガラスの仮面を全部デジタル化してもちあるとか。楽しそうだ。SDカードの容量も1Gに到達していますしそういう馬鹿みたいに長い作品を持ち歩いても重量変わらないのは良いことだ。はじめの一歩も持ち歩きたい……。
後僕の要望としてはもっとコンパクトなバージョンが出て欲しいな、と。文庫サイズ。後防水タイプ。お風呂で本読んでいる人も安心。それにこの機種ならあまりカードの出し入れとかしなくて良さそうなので防水化も簡単だと思うんですよね、PDAとかにくらべて。落としても平気、防水で文庫サイズ、んで価格は現状と一緒なんていったら、おっさんドキドキですわ。
とりあえず実物を早くいじってみたいと思います。



参考資料
ITmedia

MYCOM PC WEB

|

« 身体は覚えているのね…… | トップページ | チョコレートモバイラー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/189722

この記事へのトラックバック一覧です: 超高性能版、松下の「せんせい」:

« 身体は覚えているのね…… | トップページ | チョコレートモバイラー »