« ファンレスは良い! | トップページ | Morphyな起動画面 »

キーを煮た(キーボードと蝋燭続報)

昨晩蝋燭責めしたキーボードを分解してみた。そしてキーについてしまった蝋を溶かそうと鍋で煮てみました。本当は沸騰するくらいの温度でやれば良いんだけどキーが変形しちゃいけないな、とそれなりの温度で煮てみました。しばらくすると表面に取れた蝋が浮いてきます。良い感じ。ぐるぐるかき回したあと、キーを網でとり1キーづつ水を取ります。途中で飽きてきたので1キーづつが3キーに、5キーに10キーにとどんどんいい加減になりますが気にしない。全部拭き終わりました。
次に、キーボードにはめるのですが、特殊キーの位置がわからなくなっています。しょうがないので、PCの電源をいれて実際にキーボードを押さえながら設定。するとキーが1コ足らなくなっていることに気づきます。無くなったらいやだなぁと思いながら台所に行くと、行方不明の↑キー発見。これで文章制作に問題が無くなります。すべてはめてみて試験。問題なさそうです。良かった、良かった。
このキーボードが壊れてしまったら次は親指シフトキーボード欲しいなと思っているのですが、未だに手に入りますかねぇ……。
pictures/key

|

« ファンレスは良い! | トップページ | Morphyな起動画面 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/246602

この記事へのトラックバック一覧です: キーを煮た(キーボードと蝋燭続報):

« ファンレスは良い! | トップページ | Morphyな起動画面 »