« べとべとになるから | トップページ | ダイエットといえば »

辞書をダイエットしよう

最近はメモリカード安いから辞書のダイエットなんか流行らないのかな?辞書が入らなければ大容量カードを買えばいいじゃないの……って感じで。というわけで、役に立たないかも知れないけど、辞書のダイエットの仕方。
今回はepwingV4形式の広辞苑をダイエットしたので、行程は次のようになります。

  1. 前方検索以外のインデックスを削除する
  2. 音声などいらない辞書をcatalogsから削除する
  3. 辞書を再び圧縮する
まぁ順番通りにやってみましょう。
まず余計なインデックスを省いて辞書を小型にします。たとえば国語辞典なんて基本的には前方検索だけ出来ればいいでしょ?自宅用なら検索データ残しておいた方がもしもの時に便利だけど、持ち歩き用はそれより容量重視で行きましょう。eDict Snapshotよりebutilsをダウンロードしてください。普通はWindows32bit版を落とせばいいと思います。OS/2を使っていればOS/2版を。超漢字を利用しているなら違うサイトからゲットしてください。遠い昔に見かけた記憶。今はないかも知れませんが。
ダウンロード後、解凍すると複数のファイルが出てきます。ここで必要になるのはsqueezeというソフトです。細かい説明はドキュメントを読んで欲しいんですけど、まぁ不要な検索インデックスとかを削除するソフトだと思ってください。私は今回
squeeze -d03,06,07,09-8f,93-f0,f5-ff honmon2 honmon
という条件で実行しました。
昔はこの行程の前に圧縮されている辞書の場合(epwingV4以降)辞書を普通の形式に変換しなければならなかったんですけど、最近のsqueezeはそのままいけるみたいです。もし、うまくいかない場合は辞書を通常の形に変換してください。変換するソフトはEBZIPというのを使うのですがこちらからダウンロードしてください。ebzip -uで圧縮を解いた後、squeezeを利用してください。今回私が用意した広辞苑はこの時点で62メガくらいになりました。
次はcatalogsファイルの編集です。これは、squeezeと一緒に入っていた、CATDUMPを利用します。作業の前にcatalogsファイルはコピーしておきましょうね。
catdump CATALOGS >CATALOGS.txt
としてCATALOG.TXTに内容を出力します。すると、今回の広辞苑の場合は付録辞書など色々ついてきています。これをばっさり削除。外字フォント名が書いてあるところも16ドットフォント以外は削除。あと、epwing05となっているので、02くらいにしておきます。すでに圧縮されていないので。そんなわけで、私のファイルはこうなりました。
; 電子ブック/EPWING カタログ内容 
; (generated by catdump v1.2pre)

[Catalog]
FileName = CATALOGS
Type = EPWING2
Books = 1
BookSelect = 1
Reserved = 00000000000000000000

[Book]
BookType = 0001 (00:国語辞典, 01:EPWING5)
Title = "広辞苑第五版"
Directory = "KOJIEN"
InfoBlock = 0001
ZenGaiji = "GA16FULL"
HanGaiji = "GA16HALF"
Reserved1 = 062B0000
BookFile = "HONMON"
ばっさり削除ですね。この内容を新しいcatalogsにしましょう
catdump -u CATALOGS.txt CATALOGS
これで軽くなった辞書として使えるようになります。いらないファイルばっさり捨てちゃいましょう。
ここまで出来たら、後は辞書を再び圧縮です。もしHP200LXで使いたいなら、この状態で動作することを確認した上でjamで作った圧縮ドライブにコピーすればいいです。palmのpB使いの人なら、dicで圧縮かな(ちょっと使っていないので詳しくは知りません)。んでLinuxZaurusとかBuckingham EB Playerを使っているWindowsやCEやpalmの人はBuckingham EB Compressorでがっちりつぶしてしまいましょう。ebzipで圧縮するのと同じ事をするだけなんですけど、GUIでやった方がわかりやすいですよね。もしうまく動作しないならebzipをつかって手動でつぶしてください。ちなみに我が家の広辞苑は24.7 MB (25,977,262 バイト)になりました。これならCEでもLinuxZaurusでもウルトラマンでも持ち歩けますね。CFやSDにコピーしたらその機種でうまく動作するか確認してみましょう。
たしかにいつでも何処でもネットにつながれば辞書なんか持ち歩かなくても良いのかも知れません。でもいつでも何処でも辞書がひけるのって凄く便利ですよ。一度味わったらやめられないので是非辞書の導入挑戦してみてください。

|

« べとべとになるから | トップページ | ダイエットといえば »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/287400

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書をダイエットしよう:

« べとべとになるから | トップページ | ダイエットといえば »