« 役をさらに考えよう | トップページ | 夏色始めました »

パパをモバイル

結婚式というと、非常に腹立たしい思い出しかないのは寂しい人生を送っているのかしら?(w
そんな中でも強烈に覚えているのは中華街から関内まで父親をモバイルしたことでしょうか?小学生の彼の経験がその後の自分に大きな影響を与えていると思います。

おじさんの披露宴があり中華街で食事することになりました。あまり普段顔あわさない親戚に囲まれて不機嫌。さらに食事も当時の自分の口には合わずにむくれていました。正直一分一秒早く終わって欲しいと思っていたわけで。お祝いの席でとんでもない小学生ですねw
で、雲行きが怪しくなってきたのは父親の酒が進み始めたあたりから。だんだん押さえがきかなくなってぐでんぐでんに酔っぱらい始めたのです。目出度い席ですからお酒が進む気持ちもわかります。だけど我が父、そのまま暴走。一線を越えてしまって千鳥足というか歩けない状態までお酒を飲んでしまいました。やっと宴が終了となったんですけど、父親がそんな状態なのでどうしようもないわけで。しょうがないので父親を支える息子となったわけです。
父親は小柄な人で、逆に自分は必要以上に成長していたのでなんとか父親を支えることができます。でも中華街から関内まではちょっと距離があるわけで。鬼の形相で横浜スタジアムの横を通り関内へ移動しました。支えられた父親は何度も謝罪の言葉を繰り返すのですがそれも腹立たしかったのを覚えています。
煙草を吸わないのは父親が煙かったから、お酒を好まないのはこのときの経験が大きいと思います。パチンコや競馬をやらないのも父親が好きで休日かまってもらえなかった記憶とかが大きいと思うわけで、子供は父親の背中をみて育つというかなんというか……良い反面教師ですw
自分は心から大好きだった人をモバイルしそこねたので、当分結婚式の思い出が更新されることなんか無いでしょうから、父親には申し訳ないけど結婚式と言われるとこの事を思い出すんでしょうね。

|

« 役をさらに考えよう | トップページ | 夏色始めました »

モバイル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/736376

この記事へのトラックバック一覧です: パパをモバイル:

« 役をさらに考えよう | トップページ | 夏色始めました »