« 容量増えた! | トップページ | 新年の挨拶 »

消えた物が復活するということは

間違えてデータを消した時、あわててデスクトップのゴミ箱あけても空だったりして、昔はundeleteなんてコマンドもあったなぁと遠い目をしたりすることが年に3回くらいある私です。windows使い始めた頃は「ゴミ箱なんていらないぜ」と思っていましたが、最近はゴミ箱のゴミ箱が欲しいくらいです。老化現象でしょうか?
さて、これはHDDの話でリムーバブルメディアはゴミ箱行きにならずすぐ削除されます。あわてても後の祭り。でもフォーマットしない限りメディアに情報は残っているので、復旧出来たりするものです。
フリーソフトなどにも何種類かありましたが、この度IO DATAが自社メモリに復旧ソフトをバンドルすると発表しました。

消してしまったデータが帰って来るかも知れないし、便利ですね。また日本のソフトですから使っている時迷わなくてさらに安心。良いことずくめですね。まぁ、そんなソフトがあっても、無意識にファイル消しちゃって泣いたりするものですから、データのバックアップは大切に。
と、これだけなら落ちがバックアップも大切にね(デンコさん風)でOKなんですけど、こういうソフトをバンドルするなら同時にデータ完全消去のソフトをバンドルしないと駄目だと思うわけです。データ消すってのは本人にとって必要なくなったわけ、それが復帰させられたら困ることってあるんじゃないかな?ここら辺気をつけないとメモリを捨てることもできなくなるし、人からカメラなんか借りられなくなります。本当はマシンのフォーマットできっちりデータを壊してくれれば良いんですけど、メモリカードは書き換え回数決まっているからカメラなどでは簡易フォーマットしかされない事が多いと思うわけです。
デジカメだから、後に残らないよ~なんて甘い言葉には要注意。また人に見せられない写真をちろっと撮影したりしたときは、メモリカードの初期化もしっかりしましょうね。
消えた物が復活するということは、消した物も復活させられるかも知れないことをしっかり意識しましょうね。

|

« 容量増えた! | トップページ | 新年の挨拶 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/2330757

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた物が復活するということは:

« 容量増えた! | トップページ | 新年の挨拶 »