« ほしいソフト | トップページ | pRSSreaderとtodayの関係 »

pRSSreader1.3.2とバーコードリーダーの共存

私は全然使わないので指摘されるまで気付かなかったんですが、pRSSreaderの1.3.2とバーコードリーダーの相性が悪いようですね。以前も書きましたが、この問題はpRSSreaderがWindowsフォルダにzlib.dllを置く事が問題なわけで。それならば、 Zlibを置き換えないようにすれば良いんじゃないか?と思ってやってみました。

事前準備

 pRSSreaderの1.3.2を導入します。導入後リセットかけろと言われるので必ず従って下さい。これを無視して作業進めると動かなくなってしまします。
 導入後、再起動するといつも見えていたWindowsMobileの画面が見えなくなると思います。

 OSが起動したらpRSSreaderを起動してみましょう。問題なく起動すると思います。そして、バーコードリーダーも起動してみましょう。駄目ですね?準備はこれで終了です。

●失敗編

 1.3.2をインストールした時に作られるzlib.dllをpRSSreaderが導入されたフォルダにコピーする。 Windowsフォルダからは削除
 ↓
 再起動。ここでWindowsMobileの画面が出る事を確認
 ↓
 起動しようとすると、Windowsフォルダに復活したzlib.dllの影響か起動しない。バーコードリーダーは正常。
 ↓
 不貞寝する。

これが数日前の自分でした。

 

○成功?編

 Windowsフォルダにある1.3.2が生成したzlib.dllを名前変更する。文字数は変えない方が良いと思います。自分は紛らわしくzlid.dllにしました。
 ↓
 pRSSreaderの実行ファイルをWindowsマシンにつれてきて、バイナリを見ます。 zlib.dllと書いてあるところを直接変更加えちゃいます。この作業があるから文字数は変えないようにしたわけで。私の場合はbをdに変更しました。このファイルを[es]さんに返します。
 ↓
 再起動。WindowsMobileの画面が出る事を確認して下さい。
 ↓
 起動したら、pRSSreaderとバーコードリーダーの起動を確認しましょう。

pRSS132この画面をみてもわかるように、なんとなく成功している気もします。 だけど手順みて解るとおり直接危ない橋を渡っているので問題が発生する可能性も否定できません。

そんなわけで万人には勧められませんが、どうしても1.3.2を使いたい人でかつバーコードリーダーも必要な人は駄目元で試してみたらどうでしょう?

でも、この方法によってもしかしたら大切な[es]さんが入院することになるかもしれません。データが消えるかもしれませんし、万が一そういう事になっても私は責任とれません。

やるなら覚悟の上で挑戦して下さい。転んでも泣かないのは鉄の掟ですよ。 

 

|

« ほしいソフト | トップページ | pRSSreaderとtodayの関係 »

モバイル」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/11651321

この記事へのトラックバック一覧です: pRSSreader1.3.2とバーコードリーダーの共存:

« ほしいソフト | トップページ | pRSSreaderとtodayの関係 »