« アドレスの使い道 | トップページ | Windows Live Writerを使ってみる »

Japanist for Pocket PCがRZ-1501で動いた

 私はキーボード命の人間なので手書き認識はあまり好きじゃありません。最後に手書きを一生懸命使ったのはPIザウルス時代かも。そんなわけで端末を選ぶときはキーボードがあることが何より優先されてきました。RZ-1501をゲットしても最初にやったことはキーボードカスタマイズだったのはその基本原則に則って動いただけです。しかし、先日同じような業務端末を使っている関東電気保安協会の方にお会いしたところ、データはキーボード、簡単な報告は手書きで書き、さらに印刷まで赤外線を駆使し印刷している姿をみて「手書きも良いんじゃねぇか?」と思ったわけです。

 思ったはいいのですが、どういうわけだがRZ-1501には手書き入力パネルがないわけで。ないなら市販のモノを試せば良いと色々ためしたのですが、RZ-1501はrealVGAになっているのでなかなかうまくいかず。動くことは動くのですが入力パネルが残念な事になるものばかりです。そんなわけで、色々挑戦した結果Japanist for Pocket PCが一番良い感じだったので記事にする次第であります。
 なお私が実験したのは試用版(Japanist for Pocket PC V2.0L20)です。

 まず、Japanist for Pocket PCですが、ダウンロードしても当然CE5.0用なんてものは入っていません。WM5とWM2003SEどっちか動けばいいなと思って試したところ2003SEが上手く動いたのでそちらを使いましょう。WM5は起動しないんですよね。私の環境だけかもしれませんが。とはいえ2003SE用でもCABファイルを実行しても上手く動きません。CABを手動でばらす必要がありそうです。
 CABの分解にはCAB file Extractor and Renamerを使いました。いつもならレジストリ情報も書き出されますが、今回は全くありません。そんなわけで所定の場所にコピーして動かそうとしても全く無反応です。いったんここで諦めました。

 しばらくして、RZ-1501を教えてくれた知り合いから、CASIOのDT-10を譲り受けることになりました。試しにこっちにJapanistを入れてみると(DT-10は普通の2003SEマシンですからね)レジストリちゃんと書き込むじゃないですか。これが原因だったのか!レジストリを書き込んだら無事に起動しました。

 画面はこんな感じです。一応起動するんですけど、右側の方がもったいないですよね。これは設定ファイル書き直せば何とかなりそうかも・・・?
 sknフォルダのファイルを書き換えてみたらこんなかんじになりました。

 これはいいかもしれない……。一応四枠まで作ることができることは確認しましたが、右の空きスペースに簡単なキーボードとか準備できたら最強なんじゃないか?と思っております。

 昔decumaと比較したときは、レスポンスとか認識の面でJapanistは少し落ちるなと思っていました。しかし、今回使ってみて自分の使い方が間違っていたことに気づきました。確かに一文字一文字の認識は多少誤認識するのですが、そのまま気にせず書き続けると自動的に修正されていってまともな文章になるんです。いちいち直さなくても良いと気づいたらJapanistのすごさに気づいたというか。これだったら手書きで文字入力するのもありかもしれないって思っております。 
 不満がないわけじゃないです。横方向はカスタマイズできますが、入力パネルを大きくすることができません。もう少し縦方向に伸ばせるととっても書きやすくなると思います。これは本体を書き換えれば何とかなるのかもしれませんが、市販ソフトですのでそこまでやっちゃいけないなと思い手を入れていません。まぁ私みたいな環境で使うのがイレギュラーなんだと思います。

 そんなわけで、手書きもがんがんできるようになったRZ-1501。だんだん使いやすくなってきましたね。でも本体の数が数なんで使っている人なんてほとんどいないでしょうし、夏に買った人は飽きている頃だと思います。こんな情報書いても誰が得するかわからないけど一応忘れないうちにメモしておきました。
 もっとRZ-1501使いまくるならお金払うんだけど、どうしようか悩み中です。ボーナス次第だな。

 おまけ:上に書いたレジストリを書き出しておきました。RZ-1501しか持っていない人でも安心ですね。

|

« アドレスの使い道 | トップページ | Windows Live Writerを使ってみる »

コメント

こんにちわ。
RZ-1501の記事も少なくなりましたね。僕は結構愛用してます。唯一の難点が文章入力機能ですね。今日、小さなキーボード(FKB66PU)をオークションで申し込みました。2つ折で軽量ですので、これでどうかなと期待してます。使ってみてよかったら報告します。

投稿: takaodaisuki | 2009/12/01 17:45

こんばんわ。コメントありがとうございます。
結構私もRZ-1501気に入っています。個人的に駄目なのは、キーリピートがないことと、外部電源端子がないことですね。外に持ち出した時に電源がピンチになりそうなのが嫌で……せめて充電台以外にも手軽に充電する端子があれば良かったんですけど(そこらへんが、同時期に手に入れたDTより劣るところだと思っております)。
ただ、こんな楽しい玩具はないですね。色々できそうで、微妙にできなくてって感じが楽しく感じております。WindowsCE5は情報少ないので、もう少し使ってる人が増えたら良いんですけどね。
何か面白い事ができたら教えてください。

投稿: 実 | 2009/12/02 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18175/46844063

この記事へのトラックバック一覧です: Japanist for Pocket PCがRZ-1501で動いた:

« アドレスの使い道 | トップページ | Windows Live Writerを使ってみる »