久々の人撮影

BUZZ 引きこもりの私が久々に都内に出かけてきました。

 2年ぶりくらいにプロ妄想家と合流。 彼が最近熱を入れている人たちをみてみたり紅葉を堪能したりしてきました。プロ妄想家とはインディオ時代からの盟友で、 彼がカメ子に進化する手助けをしたりしたんですが、それも全てネット上でのつきあい。実際にあうのは本当に久しぶり。 後楽園ホールで叫んでいた彼が路上で跳ねているのをみて、あまりの危険人物っぷりに「ああ、なにも変わってないなぁ」 としみじみ思ったりしました。

 先日入手したマミヤM645の試験でちょっと撮影してみましたが、動くものを撮影することがほとんどないので難しい、難しい。 妄想さんはすごいなぁと関心した週末でした。

 帰宅後、そのまま写真を紙に焼いたり、現像したり(そしてまた失敗したり)と久々に充実の週末でした。 引きこもりも時々外にでてみるもんですな。ついでにその紙にやいたのもスキャンしてみたり。flickrにおいてあるのでよかったら見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透明のフィルム

しばらく使っていた現像液がくたびれてきたので、違う現像液を試そうと思う。いつ作ったか記憶にないが(それでもここ1月位のはず)未使用のSPDと書いてあるペットボトルを出して撮影したフィルム現像開始。折角だから初めての希釈現像。
時間が経過したので水洗開始。タンクのふたを開けると随分綺麗なフィルムが見える。ああ、ちゃんと定着剤効いてるなと思いつつ違和感。よく見ると何にも写ってない!
よくよくSPDと書いてあるペットボトル調べると、どうもこれはスーパーフジフィックスっぽい。なんたるミス。現像しなかったのか。俺。
気持ちいいくらいに透明なフィルムを見て綺麗だなと思いつつ、こんなミスをする自分が情けないというか。疲れてるのかもしれんね。
まぁ失敗も含めて勉強。おっさんが手探りでやってるんだから時にはこんなこともあるさ。しかしフィルムおもしろいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩写真機

 都内に出張の用事があり、折角きたのだからそのまま帰るのもおしいなと考え新宿へ。 西口をふらふらしてめぼしいものはないなと帰る準備をしつつ食事。何年ぶりかの豚珍館でチキンセットを食べながらチャットをしていると、 木こりあんまん星人が 「二郎のほうのカメラ屋はいかねぇの?」ときたもんだ。 仕事の疲れで東側にいくのが面倒になり二郎をあきらめカメラ屋もあきらめたから今チキンセットを食べているわけで、 そっちいくなら二郎食うわ!と思ったのだが、その声をかけられたのが気になってカメラのきむらまで足をのばすことにする。
 んで、店についてまずチェックするのはオリンパス関係。Penアダプタの高さに怒りを感じつつめぼしいレンズもないわけで。ああ、 Penの標準レンズほしいなぁ。そのまま手ぶらでかえるのもつまらないので、ついでにみたコーナーになぜか一台見慣れない二眼が。いや、 見慣れた二眼ってほど二眼を知っているわけではないんだけど聞いたことないメーカはちょっと驚き。
価格も他のに比べて遙かに安く程度は悪くなさそう。店員さんを捕まえて「あんでやすいん?」と聞いてみると単純明快の答えが。 「だってメーカーマイナーですから」……なるほど。
 しばらくいじっていて問題もなさそうだし、予算は少しオーバーしたんだけど(自分の中では5000円までと決めていた)購入。お店の人は 「壊れるタイプのカメラじゃないけど、もしだめだったら一週間以内にご連絡下さい」。親切ですね。ビックでフィルムを四本ほど購入して撮影。 フィルムが入れられれなくて相当苦労するも使い方はなんとなくわかる。問題はシャッターとフィルムの巻き上げが連動していないので、 巻き忘れがありそうなこと。リズムができるまでは要注意ですな。

 さっくり二本撮影して近所のカメラ屋に現像を依頼したら土日は回収していないので、月曜日に送って中二日の木曜仕上がりとなります! ってそれじゃ、一週間の保証は意味が……とどきどきしつつ現像を依頼。仕上がるまで悶々と待つ。
 待ってるだけじゃあれなので、カメラについて調べてみると、この鳩さんことPigeonflex(ピジョンフレックス) は1953年に作られたものっぽくて、製造は後のヤシカみたいですが、詳細は不明です。自分のカメラの特徴はレンズが75mm Pigeonar であること、シャッターがE.LUNAであることから、Pigeonflex Iじゃないかと想像されます。 このカメラを調べてみると、レンズはTri-Lausar(トリローザ)であることが多いみたいですが、 Pigeonarってどこからきたんだろう?ブランドが違うのか、レンズ屋さんがおいらのカメラだけ違うのか。まぁそんなこんなで、 ネット情報もあまりないマイナーカメラさんみたいですね。

 で、仕上がった画像みてみたら、びっくりするほど普通に写りますね。初めての6x6なんで他と比較できないのはあるんだけど、 それでも50年以上前のものとは思えない普通な感じです。写らなかったり動かなかったらオブジェにすればいいやと思っていたんですが、 その考えは間違いでした。作った人すいません。しかしスクエアフォーマットは難しいですね、これは数とらないと駄目だ……。
つたない作例は、flickrにあるんでよかったらみてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)